薩摩切子の世界

 

薩摩切子は島津家第二十八代島津斉彬によって海外交易品として誕生し、先進的産業として昇華しました。 イギリス、ボヘミア、中国に源流を求めながらも日本的な繊細さを表現した「ぼかし」。 繊細なぼかしの技術は世界のガラス工芸史上で高い評価を得ています。

 

幕末の激動の時代に一度失われた技は一九八五年より復刻が試みられます。 鹿児島で現在も創られている薩摩切子は世界で愛されるブランドとなりました。 美の匠 ガラス工房 弟子丸では、伝統技を習得した切子師が日々作品を創造しています。

薩摩切子 フォトギャラリー

 

霧島切子

霧島切子

炉火純青の境地に辿り着いた切子師たちが提案する薩摩切子の新潮流「霧島切子」

ecoKIRI

ecoKIRI

薩摩切子の輝きと暮らす毎日を。薩摩切子を装飾品として再解釈した「ecoKIRI」

fusion

fusion

降り注ぐ光の中に呼応する薩摩切子の煌めきとステンドグラスの融合「Fusion」

工房について

工房について

美の匠 ガラス工房 弟子丸についてご紹介。カット体験もお気軽にご相談ください。